近藤産婦人科医院 〒617-0823 京都府長岡京市長岡2丁目2−32 TEL:075-953-2000

思春期外来

思春期外来

思春期、私たちの身体は大きく変化します。
ほとんどの女性がこの時期に初潮を迎え、以降月経が続きます。思春期の月経の異常は、卵巣がまだ未熟なために起こるケースがほとんどで、次第に正常な月経へと移行していきます。ただ、初めてのことであり、大きな不安を抱かれる方が多く、何が正常で、何が異常なのか、分からないこともたくさんあるでしょう。
京都府長岡京市の近藤産婦人科医院では、思春期において、主に月経についてお悩みがある方を対象に、思春期外来を行っております。
以下のようなことでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

このような症状はございませんか?

  • 中学三年生になっても初潮が来ない。
  • 月経が3か月以上止まっている。
  • 月経の周期が一定でない。
  • 月経が1週間以上続いている。

※月経に関するお悩み以外でも、おりものが多い、陰部に痒み・違和感がある、性感染症・妊娠かもしれないという場合もご相談ください。

月経(生理)のお悩み

無月経

無月経は、「原発性無月経」「続発性無月経」に分けられます。
原発性無月経は、「満18歳を過ぎても初経(初めての月経)を認めないこと」と定義されていますが、初めての月経を迎える平均年齢は12歳であり、ほぼ全ての方が14歳までに経験をされています。
ですので、無月経の原因を探り、将来的なリスクを確認・治療するためにも、中学三年生になっても初潮が来ない方は、一度産婦人科を受診されることをお勧めします。
また、続発性無月経は、月経が3か月以上止まっている状態を指します。こちらも、できるだけ早めにご相談ください。

月経不順(生理不順)

月経不順とは、月経の周期が短かったり、反対に長かったりすることです。
正常な月経の周期は「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」が「25日~38日」であることと定義されています。つまり、その範囲内であれば、毎回同じ周期でなくとも、正常と言えるということです。
ですが、初潮を迎えた後の数年間は、ホルモンバランスが不安定であるため、その範囲を超えて、月経不順になることは珍しくありません。
ダイエットや、部活動によるハードトレーニングなども、月経不順の原因となります。

月経困難症のお悩み

月経困難症は、月経の中でも特に出血の多い時期に伴う、周期性の下腹部痛、腰痛、膨満感、吐き気・嘔吐、イライラ、憂うつなどの症状の総称です。
初潮後3年以内に発症し、年齢を重ねるにつれて次第に症状が治まって行くケースがよく見られます。
ホルモン分泌量が多いために起こる子宮筋の過収縮や血管の攣縮、子宮の未成熟、子宮口が狭いことなどが原因として考えられます。
また、月経に対する不安を含めた、思春期特有の精神的ストレスもその原因の一つだと言われています。
月経が近づくにつれて不安がつのり、症状が悪化し、そしてまた不安が大きくなり――といったような悪循環を断ち切るためにも、月経困難症でお悩みの方は、京都府長岡京市の近藤産婦人科医院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら インターネット予約 予約のご利用方法